ほぼ100%在宅勤務

新型コロナの影響で、「テレワーク、リモートワーク、在宅勤務」が増えてきているようです、弊社のクライアントさんでも多くの企業がテレワークを導入されているようです。そんな企業の方々から「ピースモークさんはテレワークに向いている企業なので案外と楽にテレワーク導入可能ですよね」とお話しているときに話題になります。

基本が在宅勤務

弊社の本社は代表である「ディレクター」を務める関の自宅です、全員テレワークで仕事をしています。電源とパソコン、wifiだけあればどこでも作業できる業界ですから、無駄な固定費をカットして価格競争力も得られます。
お打ち合わせにはこちらから出向くことが多いですし、ご来社いただく際は狭い自宅作業場で失礼させていただいております。

テレビでテレワーク導入企業の紹介番組などを幾つか見ましたが、最低限の本社機能だけ残してオフィスをコンパクトにしているように見受けられます。

人材確保にも有利

人材の流動性が高い業界ですが、在宅勤務は弊社のアピールポイントのひとつになっていると考えられます。

利用ツール

チャットワーク

日常的な連絡事項やおおまかな連絡などは、チャットワークを使っています。スラックなども利用した時期もありましたが、運営会社が日本の企業ということもありチャットワーク有料版を使っています。
グループチャットはプロジェクトごとにメンバーを割り当て、チーム内に確実に連絡をすることが可能です。また、チャットでは前置きなしに用件だけのやりとりでいいのも業務の効率をあげていると思います。

ASANA

進行管理はテレワークでなくても非常に便利なASANAを利用し、工程の細かい部分まで切り分けた管理をしています。

チャットワークhttps://go.chatwork.com/ja/
ASANAhttps://asana.com/ja

チャットワークもasanaもモバイルアプリが利用できて便利です。

敢えて会う場面

チャットでは伝わりにくい場面は電話やZooMを利用していきます。そうすると本当に効率的に仕事を進めることが可能です、それでも敢えて会って話す場面があります。大きめのプロジェクトのスタート前などはあえて時間を割いてコメダ珈琲などでミーティングをいたします(スタバじゃないところがうちの社風かも、笑)。ここでは、このプロジェクトへの想いなども欠かさず伝えようと思っています。

職種によってはテレワークが不可能な場合もありますが、新型コロナの感染防止以外にも多くのメリットがあると考えられます。便利なツールを使って対応していきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください