SSL化することのメリットはユーザーの安心感

SSL

既存のHTTPサイトを全ページHTTPS化(SSL対応)するべきか否か。見た目は何も変わらないのに、そこにコストを欠けるべきかどうかは、莫大なコストがかかるわけではありませんので、結論から言うと、サイト全体をSSLにした方がいいのは言うまでもありません。その利点を掻い摘んで書いてまいります。

サイト全体SSL化のメリット

  1. SEO上のメリット

    Googleの公式ウェブマスターブログで「HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるように」なるという旨のアナウンスが行われています。唐突に言い出したわけではなく、以前から推奨されておりましたので、昨年のアナウンスから改めてSSL化のを加速させる意味合いがあったのだと思われます

  2. 2018年7月からChromeでは全てのSSL・https非対応サイトに警告が表示される。

    Google Chromeのセキュリティ・プロダクトマネージャーであるEmily Schechter氏は2月8日、2018年7月から全てのSSL・https未対応サイト(HTTPサイト)に警告を表示するとブログ上で発表しました。

Beginning in July 2018 with the release of Chrome 68, Chrome will mark all HTTP sites as “not secure”.

保護されていません


クロームアップデート後の表示はこちらの記事をご覧下さい
ユーザーがクロームで閲覧したときに「保護されていません」といった表示がされるとど何らかの不安感を感じるのは言うまでもありません。ユーザーが安心してサイトを閲覧できるようにしてあげるための方策だと考えSEO上のメリットだけではなく、ユーザーの立場に立ってSSL化を推進していくべきだと考えます。

2018年2月国内PCブラウザシェア

  1. GoogleChrome 46%
  2. インターネットエクスプローラー 25%
  3. FireFox 14%
  4. Safari7%
  5. Edge 6%
  6. その他端数

グーグルクロームが大雑把に見て半数を占めるわけですから閲覧者に「保護されていません」といった表示がされる危険性は非常に高いと言えます。

常時SSL化の注意点

常時SSL化でいちばん手間がかかるのはSSL化したページのチェックに、時間がかかることだと考えられます。大規模サイトであれば数千ページを目視でチェックしなければなりません。この点で、早期完了とコストダウンを図るためにお客様も一緒にチェックしていただく事を、当社では薦めています。

まとめ

ホームページはビジネスをしていればあるのが当たり前で、スマートフォンの普及でスマホ最適化も当たり前になったように、サイトのSSL化も今年の暮れごろには当たり前の事になるのでしょうね。全てはユーザーのために。
といいつつ「紺屋の白袴」で、弊社ページはまだ手付かずですが、お客様のところの作業が一巡したら取り掛かろうと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください