スマートフォンでも見えるページではなくスマホで快適に見える事が重要

以前から何度か当ブログでも書いてきましたが、スマホ最適化のお話。

検索結果に差が生じる

グーグルは検索結果にMFI(モバイルファーストインデックス)を適用しました。
簡略化して言うとモバイル=スマートフォンに最適化されたサイトやページを、そうでないものより検索結果で優先して表示させています。

パソコン向けを想定したサイトでもスマートフォンでも見えることは見えますが文字が小さかったり指でページを広げてみないと可読性が極端に落ちるページは、モバイルユーザーに努力を強いることになります。こうしたサイトはパソコンから検索しても表示順位が落ちることになります。ホームページは持っているもののユーザーに見てもらえる機会を著しく低下させることになっていることを念頭に、スマホ最適化を急がなくてはなりません。
GOOGLEのやり方に賛否はありますが、現在のユーザーの動向の大きなデータから判断したことでしょうし、ユーザーも会社でパソコンを使っていても、通勤途中や自宅ではスマホを利用している方が多いのではないでしょうか。時代の流れは止められません。
数年に一度のサイトの見直しは必要なものですし、その際に若干コストはかかっても数年先を考えれば元は取れるはずです。競合他社がモバイル対応している場合は特に手遅れになる前にスマートフォン最適化に取り組むべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください