Chrome68へのアップデートで起こったこと

SSL

Google Chromeでは、2018年7月24日(火)にChrome68へのアップデートが実施されました。
今回のアップデートに伴い、独自SSLが導入されていない全てのWebサイトでの警告表示が開始されております。

警告内容

SSL化することのメリットはユーザーの安心感でも記述いたしましたが
独自SSLが導入されていない全てのWebサイトのアドレスバーに「保護されていない通信」である旨が表示されます。
このページの画像のような表示がされます。

保護されていない通信という表示が実際に出てみるとユーザーの多くは不安感を抱くだろうなと感じます。多くの企業様が対応していくため、未対応のサイトはできるだけ早めの対応が望まれます。

yahoo!ニュースでも

米IT大手グーグルの閲覧ソフト「クローム」の最新版で総務省など一部官庁のホームページを閲覧すると、「(通信が)保護されていません」という警告が表示されることが26日までに判明した。

 各官庁は「安全性に問題はない」と説明しているが、スムーズに閲覧できるよう通信の暗号化を順次進める方針。

 クローム最新版は、閲覧者が送受信する情報を暗号化していないホームページについて警告する仕組みだ。暗号化されているものはアドレスが「https」で始まるが、各官庁は「http」になっており、警告が表示されたとみられる。情報セキュリティー会社によると、民間のサイトでも同様の現象が起こる可能性がある。

 各官庁は暗号化について、「早期に対応する」(総務省)、「年内に移行を完了したい」(内閣府)、「期日は未定」(農林水産省)、「来年度中に完了させたい」(経済産業省)などとしており、実施時期には差が出る見通しだ。

引用元https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000104-jij-pol

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください