ロシア構成主義、ロシア・アバンギャルド

ロトチェンコの代表作

多くの方たちがご存知のことですが、絵画などの芸術が一般市民に親しみのあるデザインの元になっています。その変革期に世界中に影響を与えた人の一人がアレクサンドル・ミハイロヴィチ・ロトチェンコ。

ロトチェンコの代表作
ロトチェンコの代表作

数年前に「ロトチェンコ+ステパーノワ」展があり、庭園美術館へ見に行ってきました。

ロトチェンコはいわずと知れたグラフィック・写真、建築や家具なども手がけたロシア・アバンギャルド、ロシア構成主義の重要人物です。

そんな「重要人物」ですが、ニッチな分野でもあるのでそんなに人気がないのかな?と思っていましたが、3回行って3回とも物凄い人出でした。ロシア構成主義とかロトチェンコとか。普段の会話には全く出てこない言葉ですが、これだけの人が集まるのですから、なんか日本も捨てたものではないなと感じた記憶があります。

知り合いのデザイナーたちも殆ど見に行っていて、デザインの古典とも言えるべき人の作品をしっかり見ることができるのはとてもありがたいことです。印刷技術も向上しネット上で簡単に情報を検索できて、画像も沢山落ちています。

やはり質感が違いますよね、本物は。

それを感じに多くの人が出向いていたのではないでしょうか。

そのロトチェンコの企画展がまたあります。

ロトチェンコ -彗星のごとく、ロシア・アヴァンギャルドの寵児-
2012年03月02日(金)~03月27日(火)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
Tel: 03-3571-5206
11:00a.m.-7:00p.m.(土曜日は6:00p.m.まで)日曜・祝日休館
入場無料

なんと!入場無料です。

銀座をブラブラしながら見に行ってみようと思っています。

WEBデザインとかグラフィックデザインとか。今やこれからを作るには、過去のデザインの名作は見ておくべきではないかと考えます。偉大なミュージシャンはそれまでの音楽はしっかり聴いているし、素晴らしい作家は素晴らしい読書家だったりしますからね。


銀座グラフィックギャラリー

4 thoughts on “ロシア構成主義、ロシア・アバンギャルド

  1. ロトチェンコは、グラフィックの展示では
    必ず入ってますが、まとめて見たことはないので
    楽しみです。
    ご紹介ありがとうございます!
    何と言っても、無料は嬉しいです。
    美術館は高過ぎます。
    いろいろ、セットにして見に
    行こうっと!

  2. moriさん

    美術館のよさもありますが、gggは小さいながらも落ち着いて見れる良い環境です。
    近くのお蕎麦屋さんも美味しかったですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください