人気イベントや人気店に学びECサイトに生かす

10月中旬の話ですが、横浜赤レンガで開かれていたビールのお祭りオクトーバーフェストに行ってきました。
2年ほど前にも行ったことがあるのですが、今回は終了寸前の土曜日とあって、座れずに立って飲む人車座になって飲む人々ビールを買うのも行列で、ものすごい混雑でした。

日本でも各地で開かれるようになったこのイベントの本家はドイツ http://www.oktoberfest.de/de

祭り好きな日本人にあうイベントなのでしょうね。何人かのドイツ人を知っていますが、個人的に他の国の人よりドイツ人と日本人って結構性質や習慣があう気がします。

こうした人気イベントの仕掛る側の人たちの、その計画力には感服します。

期間限定・その日だけのメニュー・そこだけで手に入るもの・雰囲気

ECサイト運営にも生かされるモノではないかと思います。

付加価値で売り上げ・利益をアップ

WEBショップ運営をしていて、大手ショッピングモールなどに出展されている方は「お買い物XXXX」や「ポイント最大20倍」などで、モール全体のイベントに乗って売り上げを伸ばされている店舗様も数多くいらっしゃいます。まずは「お買い得感」で新規顧客獲得し、メールやソーシャルでのマーケティングで顧客を囲い込み、リピーターを増やして売り上げを伸ばしていくやり方ですね。

でも、売り上げはあがっても粗利は変わらず忙しいだけ・・・。そんなお店も数多くあるのも事実です。お買い得感とはいっても、お客様はイベントのたびに安価で買える商品に価格の感覚が麻痺してきて、消耗品などのリピート商材以外では、なかなか囲い込みが難しいのも事実です。

先のオクトーバーフェストなどは、ビールが500mlで1300円!素晴らしい環境とイベント性で、居酒屋さんの17:00からだったらビール250円とは比較にならない価格で販売し、行列を作らせているのですから素晴らしい「企画力」だと思います。

事業計画の見直しの必要性

ラーメンブームのさきがけ、なんでんかんでんが閉店とういニュースがありました。 Yahoo!ニュース

環七を通るたびに行列を目撃し、一度食べてみたいと思いながら行列嫌いでついに食べることができませんでしたが、ラーメンだけで1日100万円の売り上げを上げていたお店。「味」に「行列」という付加価値があいまって、話題のお店でした。

売り上げ低下の要因なども記事に書かれていますが、栄枯盛衰はどの業界でも付き物とはいえ、大手資本ではなく個人のお店がなくなるのはとても残念です。

当社が運営する通販サイトはおかげさまで5年が経過しました。順風満帆とはいきませんが、なんとか売り上げをたててがんばっています。

通販サイトは自動販売機ではないとよく言われます。その通りで、いつでも新鮮な商品と情報を見やすく配置して、お客様への「接客」も忘れずに運営していかなければなりません。

私たちもまだまだ勉強中です。月商5万円だったECサイト様のサイトリニューアルをさせていただき、今では月商1200万円!そうしたお客様とのWEBマーケティングの「実践」した事例をお互いに情報交換し、切磋琢磨している最中です。

PDCA・GPDCAサイクルを継続することの重要性

そんな情報交換のなかで、PDCAサイクルに「ゴール」を設定しGPDCAサイクル、目標とプロセス=事業をしっかりと検証しながら運営していくことが大切だという話が最近よく出てきます。

PDCAに関しては、マーケティングのみならず様々な業種で昔から実施されてきたもの。でも、それを「実践し続ける」のがいかに難しいことなのか、なんでんかんでんの閉店・オクトーバーフェストの盛況に感じました。

WEB制作会社としてはECサイトの制作事例が比較的多い当社ですが、マーケティングの専門会社とは異なり「マーケティング費用」は頂戴いたしませんが、お客様と一緒に学び、お客様と一緒にWEBサイト・ECサイトを育てて行ければと考えています。

書いていたらビールが飲みたくなりました・・・

横浜オクトーバーフェスト
横浜オクトーバーフェスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。