いつも心がけているのは「ユーザーのためのホームページ作り」

それほど大げさなものではないのですが、いつも心がけています。「ユーザー」=「閲覧者」。検索して、リンクをたどってやっと来てくれたウェブサイトで、何か情報を得て帰って欲しい。通販サイトだったら、当然買ってもらいたい。その場では買わなくても、何かの時に思い出して戻ってきてくれたら。そんな嬉しいことはありませんよね?

「ユーザー」の満足度が「クライアント」=「私たちのお客様」の満足度。ですから、制作の打ち合わせでお客様のご意向に対して「それは・・・」と口ごたえすることもあります。

でも、きっとお客様に満足いただけていると感じるのは、当社制作サイトの80%以上が「お客様からの紹介」で請け負っていること。これは密かな自慢でもあります。

通販サイト運営で学ぶこと

ホームページ制作会社ですが、直営ECサイトも運営しています。そこで得られるマーケティングの経験は、どんなノウハウ本よりも身につくと考えています。ページ構成の変更をしてアクセス解析を見て。

トライ・アンド・エラーの繰り返しで、成功率を上げていく。これらはECサイトだけではなく、多くのサイトに還元できると思っています。

運営コストを落とすこと

私たちは小さな会社ですから、コスト管理もしっかりしています。自分たちでもそうですから、お客様のところでも無駄なコストはかけたくないはず。

お客様の更新コストを下げるために、ブログ感覚で更新が可能なCMSの導入をお勧めしたり、担当者のスキルアップのためのスタッフトレーニングなども行っています。

私たちにできること

いや、ほんとに小さな会社です。でも優秀なスタッフがたくさんいます。WEB制作だけではなく、WEBアプリケーション開発、サーバー管理、ECサイトの運営代行やWEBデザイナー教室の講師、グラフィックデザインや空間デザインなども手がける者も。SOHOとして働く仲間と一緒に、最善の組み合わせで皆さんのお仕事をさせて頂きます。

↑ページトップに戻る